転職サイト「看護のお仕事」使ってみた感想

前回の記事では転職サイトマイナビ看護師を使った感想を記載しましたが、今回は「看護のお仕事」という転職サイトを使った感想を記載していきたいと思います。

目次

・看護のお仕事の概要

・レスポンスは普通くらい

・ヒヤリングは的確

・病院の内部事情に大変詳しかった

・提案力が魅力的

看護のお仕事の概要

「看護のお仕事」のホームページを見ると2019年のデータになっているのですが、求人数は60,000件以上と記載があります。

実際に私は面接対策を行ってもらう事はありませんでしたが、インターネット上の評価では面接対策に結構力を入れているみたいです。評判は良さそう。

さらに電話で行ったヒヤリングを元にLINEで求人情報を送ってくれるというのがイマドキって感じです。

レスポンスは普通くらい

レスポンスはめちゃくちゃ早いわけでもなく、遅いわけでもなく。

まあ私自身が転職を目指しているのが1年後と事前に伝えてあったことも加味されているのかもしれません。

すぐに転職したいという方に関してはまたレスポンスの早さは違うのでしょう。

看護師の仕事は不規則ですし、携帯を見る時間も限られてきますから、そこまでレスポンス自体の早さを求める必要はないのかなと思います。

ヒヤリングは的確

ヒヤリングは的確でしたね。

なぜ転職したいのかという理由から、どういう所に転職をしたいか、またどこまでの地域で考えているのか等より具体的な希望を聞かれました。

マイナビ看護師の場合はじっくりと小一時間くらい話を聞いてもらいましたが、看護のお仕事の場合は10分~15分くらいでした。

短い時間でも重要な部分だけ的確に聞いてくれる形で、マイナビ看護師とは違う意味で好印象を受けましたね。

またエージェントさんはあまりガツガツしていなくて、穏やかな感じ。

そういう感じもまた話しやすさに繋がっていました。

病院の内部事情に大変詳しかった

大手の転職サイトならもう当たり前なのかなと思ってしまいますが、病院の内部事情にかなり詳しかったです。

その病院の働き方、組織風土、看護部長はどんなタイプか、転職した人の実際の声など大変分かりやすい説明でした。

また各病院毎の給料事情もめちゃくちゃ詳しかったです。

ホームページ上の求人の提示金額より、入社後は昇給が高めの傾向にあるので、年数を重ねると結構給与が他の病院より高くなっていく・・・など。

これは大変驚きました。

逆にこういう点は希望に沿わないかもしれないというデメリットの部分まで教えてくれたことも好印象でした。

こういう時って良い面を伝えてばかりだとハードル上がってしまいますからね。

より病院のリアルを伝えるという熱意が伝わってきました。

提案力、切り返しが魅力的

これが一番Goodな印象でした。

私も事前に「看護のお仕事」の求人情報をチェックし、自分が気になる病院と逆に合わなさそうだなーと思った病院を下調べしておきました。

あとはインターネット上で転がっている各病院の情報をある程度ピックアップしておき、気になる質問をいくつか用意していました。

実際エージェントさんから求人を教えてもらった時に気になる事は下調べした内容を元にバンバン質問しましたが、より的確にクリアになるように回答を頂きました。

あとは自分が調べていない病院、非公開求人の提案もされました。

結構有名な病院が非公開求人となっていることに驚きつつも、逆に自分と合わなさそうだなーと思っていた病院も提案されました。

その合わない病院を提案する理由と共に、事前に調べておいたその病院のあまり良くない噂についても質問しました。

そうするとその悪いうわさもエージェントさんは知っていました。

その上で以下のように回答を頂きました。

「確かに5年前ごろはそのような事がありましたね。だから5年前だったら私も絶対に提案しない求人でした。ただ3年前ごろから大きく~病院は改善に乗り出したようで、現在は大幅に職場改善されているようです。~という点、~という点はとある看護師さんの希望に大きくあっているのかなと思います。この求人は自信を持ってオススメします。」

以上のような回答でした。

見事な切り返しだなと思いましたし、情報に対して絶対の自信を持っていることがはっきりと伝わりました。

これだけの提案力と切り返しができるのは「看護のお仕事」ならではなのかなと思いました。

まとめ

今回は転職サイト「看護のお仕事」使ってみた感想について記事にしていきました。

やっぱり転職サイトを利用するのはめちゃくちゃオススメなんですけど、余裕があれば自分でも気になる病院を調べておくのはとても大切な事だと思います。

転職サイトを利用して自分の負担を減らすという事が大きな目的となるとは思いますが、なんでも転職サイトのエージェントに任せていても結局良い転職にはつながらないかなとも思うので。

つまり転職サイトの利用にあっては、ようは使いようだと思います。

適切な情報を仕入れ、その情報をさらに転職サイトの登録とエージェントのヒヤリングで色濃くしていくこと。

そして理想の職場を手に入れるために、その職場で働くことのメリットとデメリットを冷静に分析する事。

この他の転職サイトを使ってみた感想を今後記事にしていきたいと思いますのでお楽しみに。

転職オススメサイト一覧

マイナビ看護師



看護のお仕事

ナースではたらこ



MCナースネット



ジョブデポ看護師

ナースパワー人材センター



「転職の極意」

・自分はどんなキャリアを歩みたいか明確にする事

・自分に合った職場と働き方を見つける事

・転職サイトの登録で必要な情報収集する事

・必ずしも転職エージェントを利用する必要はない事、必要に応じて転職エージェントのサポートを受ける事

ABOUTこの記事をかいた人

「看護師としてのキャリアってなんだろう」 と日々考えているとある看護師 新人からHCU配属。HCU,ICU,ER経験。 新しいチャレンジをしてみたいと考え、思い切って企業に転職。外資系医療機器メーカーのクリニカルスペシャリストとして働きだす。 企業で働き始め、「やはり看護は面白かった」と再考。 再び看護師へUターン。 「どうせなら新しい看護にチャレンジしよう。」と精神看護の道へ。 現在精神看護師として救急病棟で勤務している。 学歴 専門学校卒→放送大学卒(教養学) 学位授与機構で看護学士取得済