転職サイト「マイナビ看護師」使ってみた感想

・看護師としてさらなるキャリアアップを

・看護師としてもう少し色々な病院で経験を積みたい

・もう少し負担の少ない職場に転職したいな

転職にあたって様々な思いを巡らせて行動する事になるかと思うんですが、実際転職活動を行うと結構大変で、気持ちがめげそうになる時ありますよね。

実際に私も転職を2回経験しているのですが、仕事と転職活動を並行して行うのは結構疲れました。

しかし転職サイトを有効に利用する事で、少しは負担を軽減できたのかなと思う事もあります。

転職サイトを利用するにあたり、メリットデメリットはググればそれなりに出てきますけど、より具体的な生の声聞きたいなと思った事はありませんか。

私はありきたりなメリットデメリットの事ばかり記事にされるよりも、もっと実際に使った時の感想がググって出てくれば良いのになあと思ったことが多々ありました。

まあ実際に登録して行動してしまえば話は早いんですけど(転職サイトに登録するのって少し勇気がいりますよね)。

そんなこともあり、今回はマイナビ看護師に登録し、実際に感じた感想と思った事を記事にしていきたいと思います。

目次

・マイナビ看護師の概要

・レスポンスは早め

・ヒヤリングが抜群に良かった

・自分の希望にあった求人内容の提示がバッチリだった

・自分のキャリアの方向性を再検討する機会をつくってもらった

マイナビ看護師の概要

マイナビ看護師というと多くの看護師が知っていて、大企業の求人サイトと言えるのではないでしょうか。

そしてマイナビ看護師は2022年1月25日現在、公開求人数は55,987件、独占求人などを含めると80,000件近くあります。

上記の数字を見ると独占求人や、非公開求人が25,000件近くあることが分かりますね。

ホームページを見ると、「初めての方へ」「ご利用ガイド」といったものが上部に明記されていて非常に親切なつくりになっています。

また転職セミナーというものを積極的に行っており、コロナ過という事もあり、WEB面談が出来るようになっています。

あとは看護師転職お役立ちガイドがホームページ上にアップされていて、履歴書の書き方、職務経歴書の書き方など、より転職の成功のための道筋がホームページ上にはアップされています。

レスポンスは早め

私がマイナビ看護師を使ったのは看護師になって2年目の秋頃でした。

正直な所、日々の業務に忙殺されつつ、数年後には何か新しい領域でチャレンジしてみたいという前向きな気持ちと、若干精神的に疲れている一見矛盾した不思議な感情が入り混じった時期でした。

具体的に何がやりたいのかというのは明確には定まっていないものの、この時から医療機器メーカー選択肢が頭の中にあったのと、訪問看護の領域にも興味があって(もう方向性ぐちゃぐちゃ笑)、正直な所あまりまとまってない状態でした。

そんな迷惑なタイプの人間にもとても親切にしてもらったのがマイナビ看護師のエージェントさんでした。

登録後すぐに電話がかかってきて明るい爽やかな声でとても素敵やんってなりました(※私は男です)。

ちなみにその時、電話ではある私の現状を話したくらいでした。

というのもある程度話した時点で、エージェントさんから「とりあえず会って話してみませんか?色々な選択肢を考えられているみたいですし、直接会ったほうがより具体的な提案が出来そうなので。」という事から予定を調整し、直接会う事になりました。

※その後、様々な内容をメールでやりとりする事になったのですが、レスポンスは早め。具体的に言うと、遅くても返信は半日くらい。結構早いのではないでしょうか。私自身は仕事の合間でメールをしていたので、それほど気になりませんでした。あとは逆にがっつかれすぎていない感じが私には好印象でした。

ヒヤリングが抜群に良かった

日程調整をして、後日エージェントさんと会う事に。

当日はマイナビ看護師がある事務所へ行き、直接エージェントと話ヒヤリング実施。

これが抜群に良かったです。

やはりエージェントは話を引き出すのがうまい。

私は人見知りなタイプであまり話せないタイプなのですが、スラスラスラスラ話せる話せる。

自分はどういう思いがあって看護師になったのかから始まり、なぜか幼少期の話しや、好きなものの話し、あとは本命である「どういうキャリアを歩んでいきたいのか」「自分はどうなりたいのか」など小一時間くらいは話しました(ちなみに幼少期の話しは自分からしてしまいました、それくらいこの人は信頼できるなと思ったからです)。

結局この小一時間に渡るヒヤリングは次の求人内容の提示に繋がる大切なものだったのだとわかりました。

自分の希望にあった求人内容の提示がバッチリだった

結局抜群のヒヤリングを経て、抜群の求人内容を提示してもらいました。

よく私の事を聞き、よく私の希望に合った求人を探してくれたなという感じです。

さすがです。ここまでくると看護師の転職エージェントという仕事もアリだなと思ってしまうほどでした。

実際の求人は5~7件くらい提示してもらいました。

一見5~7件の提示って少ないかなと思われるかもしれませんが、結構細かい所まで希望を伝えたのもあって、私的にはこれだけ希望の求人があるのかと大満足でしたね。

自分のキャリアの方向性を再検討する機会をつくってもらった

まあこれだけ色々丁寧にヒヤリングして、希望の求人を見つけてもらって、転職しなかったんですけどね。

というのも私自身どこかで心の迷いみたいなものがあったんですよね。

このまま転職決めてしまって良いのかなって。

チャレンジしたいという前向きな気持ちよりも、ネガティブな要素が強い事によって転職したいと思っちゃっているなと。

実際のところ、そういう理由で転職してしまっても良かったんですけど、まだ精神的には余力が残っていて、もしかしたらまだ今の病院でやれることがあるんじゃないかなあと思ったのです。

そしてそれをはっきりと気づかせてくれたのもエージェントさんでした。

「とある看護師さん、ちょっと転職に関して迷いがありますよね。転職活動はやる気になればすぐに踏み切れるしこっちもサポートさせてもらいますから、もう少し今の職場で頑張るのも一つの選択肢かもしれませんね。」と。

そんなエージェントの言葉もあり、自分の迷いがある以上は、まだ転職は辞めておいた方が良いだろうなと思い一度転職を踏みとどまりました。

その踏みとどまったタイミングで、ちょうど救急外来の異動指示が出たのと、放送大学の入学も重なり、自分のキャリアプランを見直すこととなりました。

そして約2年後、外資系医療機器メーカーでクリニカルスペシャリストとして働きだし、現在の精神科救急で働くというキャリアを歩むことになりました。

それで驚いたのが、一旦キャリアプランを見直すこととなり、ERに配属され、放送大学に通い始めたのですが、

なんとその1年後にエージェントさんから連絡があったんですね。仕事はどうですかと。

人によってはいつまで連絡してくるんだろうなんて思う人もいるかもしれませんが、私は嬉しかったですね。

1年経過した後でも気にかけてくれるんだなあと思いましたし。

そんなこともありマイナビ看護師を利用してよかったなと思いました。

まとめ

今回は、転職サイト「マイナビ看護師」使ってみた感想について記事にしていきました。

転職サイトに登録しても実際に転職に踏み切るのかはあなた次第です。

また自分自身でしっかりと情報収集をした上で、転職サイトに登録しさらに情報収集を重ねればより具体的な就職先が見えて来るでしょう。

個人的に一番おすすめしたいのはマイナビ看護師ですね。

初めて使ったサイトという気持ち含めつつ、やはり対応が抜群に良かったです。

様々な理由で転職たくなる事があるかと思いますが、有効に転職サイトを使って、理想の職場に出会うことを願っています。

転職オススメサイト一覧

マイナビ看護師



看護のお仕事

ナースではたらこ



MCナースネット



ジョブデポ看護師

ナースパワー人材センター



「転職の極意」

・自分はどんなキャリアを歩みたいか明確にする事

・自分に合った職場と働き方を見つける事

・転職サイトの登録で必要な情報収集する事

・必ずしも転職エージェントを利用する必要はない事、必要に応じて転職エージェントのサポートを受ける事

ABOUTこの記事をかいた人

「看護師としてのキャリアってなんだろう」 と日々考えているとある看護師 新人からHCU配属。HCU,ICU,ER経験。 新しいチャレンジをしてみたいと考え、思い切って企業に転職。外資系医療機器メーカーのクリニカルスペシャリストとして働きだす。 企業で働き始め、「やはり看護は面白かった」と再考。 再び看護師へUターン。 「どうせなら新しい看護にチャレンジしよう。」と精神看護の道へ。 現在精神看護師として救急病棟で勤務している。 学歴 専門学校卒→放送大学卒(教養学) 学位授与機構で看護学士取得済