看護師の仕事つらい・・・精神的に追い込まれている時に仕事を休むべき4つの理由

看護師という仕事はとても遣り甲斐がある反面、身体的にも精神的にも負担の大きい仕事です。

・患者の生命に関わるという緊張の連続

・長時間夜勤

・残業

・委員会業務

とにかく看護師は様々な業務に追われて、大変な事も多くあります。

また、看護師という仕事はシフト制で働く環境が多い為、

「休んでシフトに穴をあけられない・・・。」

「人に迷惑をかけてしまう・・・。」

様々な理由で休みにくい環境があるのが事実です。

しかしとある看護師の考えとしては

「勇気を持って休んだ方が良い」

と考えています。

それはなぜなのか。

今回は看護師が精神的に仕事で追い詰められている時に休むべき4つの理由を記載していきます。

目次

1,体が資本だから

2,患者の不利益に繋がりかねないから

3,働く場所はどこでもあるから

4,人生はハッピーな方が良いから

1,体が資本だから

資本というと、一般的には

①商売や事業をするための資金や財産などを意味します。

また時には

②仕事や生活を行うための収入の元となるものを比喩的に指す時もあります。

「体が資本」

というのは後者の②にあたります。

自分の体というのは仕事や生活を行うための最も大切な資本であると、私は考えています。

精神的につらいときでも、頑張れば働く事も出来るかもしれません。

しかし無理やりそのような働き方を続けていれば、体は壊れてしまいます。

身体的にケガをしている時には、時と共に回復してくるかもしれませんが、

精神的につらいときにそのような事を続ければ、一生モノの心の傷を負う可能性だって考えられます。

自分の体を、精神を労わるという事は、自分という資本を守る最も大切な行為だと思います。

無理をして働いていても良い結果というものには繋がりにくく、長期的に考えれば非効率的な行動です。

精神的に追い込まれている時には、無理をせずしっかりと休みましょう

2,患者の不利益に繋がりかねないから

精神的に追い込まれている状況で働いている看護師は、心の余裕がありません。

心の余裕のない状態で働いていても、ベストパフォーマンスは生まれません。

そもそも健康でない看護師が患者のケアをして、患者の健康を守るというスタンス事態が適切な行為ではないと私は思っています。

さらにはそんな精神状態で働いている事自体が、患者の不利益に繋がる可能性を大きく高めていることに気づかなければなりません。

患者さんの視点になって考えてもみてください。

心の余裕がない状態の看護師さんに、自分の体のケアしてもらいたいですか?

点滴を交換しているのを見て安心して見ていられますか?

私は絶対にそんな方に看護をしてほしくないと思います。

せかせかして暗い表情の看護師に清拭してほしくないし、オムツ変えてほしくないです。

適切な看護ケアはおろか、時には大きなアクシデントに繋がる可能性がぐっと挙げてしまっています。

精神的にボロボロの状態の時は勇気を持って休みましょう。

3,働く場所はどこにでもあるから

看護師という資格を持っている限り、働く場所は今の病院だけではありません。

もちろん無限にあるわけではありませんが、生活が困難になるほどの給与形態になる可能性は極めて低いです。

働く場所はあります。

「この職場には私が必要だから・・・。」

「委員会の仕事は途中で投げられないから・・・。」

責任感のある看護師達は、こういった周囲の状況を考え、なかなか自ら「休みたい」という発言が出来ません。

でも正直な話

仕事において、あなたの代わりはどこにでもいます。

これは紛れもない事実です。

よくよく考えてみても、

あなたが抜けて成り立たない会社って私は殆どないと思います。

(もちろん貴方と、その他二人しか社員がいないような訪問看護ステーションの場合もう経営としては成り立たないですが)。

しかも残念な事に、あなたが本当に精神的に追い込まれ、なにかしらの病気にかかったとしても会社はあなたを守ってはくれません。

もちろん、病休などで一時的なサポートは得られるかもしれませんがそれもずっと続くわけではありません。

なにかしらの病気になるまで働いたとしても、完全なる自己責任論で押し通されてしまいます。

だからそこまで会社に、病院に肩入れする必要はないのだと私の場合は思います。

あなたの代わりに仕事をしてくれる人はいるかと思いますが、

あなたという人間はあなたしかいません。

精神的に追い込まれている時は、勇気を持って休み、

元気になってから別の働く場所を探せば良いのです。

4,人生はハッピーな方が良いから

人って色々な人がいます。

色々な人生があります。

人生において楽しい時もあればつらいときも人生には起こります。

でも心から不幸になりたくて、つらいと思いたくて生きている人はいないと思います。

多くの人は、自分の人生がハッピーなものであってほしいと思っているでしょうし、ハッピーになるために努力をしているのだと思います。

私もハッピーになるために努力をしていますし、ハッピーになるためのキャリア、働き方を模索しています。

またハッピーになるためには多少のお金は必要不可欠だと思います。

お金がないと生きていけません。

お金を稼ぐために働かなければなりません。

しかし働くためには資本である健康な体が必要です。

ということは

ハッピーになるために、仕事で精神的に追い込まれている時や休んだほうが良いという事になると思います。

まとめ

今回は、看護師が、精神的に追い込まれている時に仕事を休むべき4つの理由を記載しました。

大切な事なので繰り返しますが、

仕事において、あなたの代わりはどこにでもいます。

あなたの代わりに仕事をしてくれる人はいるかと思いますが、

あなたという人間はあなたしかいません。

精神的に追い込まれている時は、純粋に仕事を休むことを私はオススメします。

仕事を休みにくい理由は、個人によって様々な理由があるかと思います。

しかしその理由のために、本当にあなたが仕事を理由をしなければならないかは本当に良く考えてみてください。

その理由であなたの大切な体が壊れてしまっても良いのかを考えてみてください。

あなたという存在を大切に思ってくれている人がいます。

あなたもあなた自身を大切に生活生活してほしいと私は思います。

あなたを守れるのはあなただけなのです。

転職オススメサイト一覧

マイナビ看護師



看護のお仕事

ナースではたらこ



MCナースネット



ジョブデポ看護師

ナースパワー人材センター



「転職の極意」

・自分はどんなキャリアを歩みたいか明確にする事

・自分に合った職場と働き方を見つける事

・転職サイトの登録で必要な情報収集する事

・必ずしも転職エージェントを利用する必要はない事、必要に応じて転職エージェントのサポートを受ける事

ABOUTこの記事をかいた人

「看護師としてのキャリアってなんだろう」 と日々考えているとある看護師 新人からHCU配属。HCU,ICU,ER経験。 新しいチャレンジをしてみたいと考え、思い切って企業に転職。外資系医療機器メーカーのクリニカルスペシャリストとして働きだす。 企業で働き始め、「やはり看護は面白かった」と再考。 再び看護師へUターン。 「どうせなら新しい看護にチャレンジしよう。」と精神看護の道へ。 現在精神看護師として救急病棟で勤務している。 学歴 専門学校卒→放送大学卒(教養学) 学位授与機構で看護学士取得済