看護師としてキャリアに悩んだ時は放送大学入学を検討した方が良い理由

とある看護師の私は、去年の4月に放送大学を卒業し、無事に学士(教養学)を取得することが出来ました。

そして現在私は病院で働く看護師からクリニカルスペシャリストという医療機器メーカーで働く企業の看護師となりました。

病院で働く看護師から企業へのチャレンジが行えたのも、放送大学での学習が一つのきっかけです。

病院で働く看護師は日々業務に追われ、多忙な日々を送っています。

せっかくの休日も、仕事による身体的精神的疲労からなかなか活動的になれなかったりもします。

そんな中でやはり不安になってくるのは「今後のキャリア」であったり「今後の自分の生活」ではないのでしょうか。

働きだして数年もすればある程度業務にはなれるものの、

「このままで自分は良いのか」

と思ったり、職場でロールモデルが発見出来なかった場合は

「自分のキャリアはどうなっていくのだろう」

と不安にもなります。

大規模な病院で働き続き続けることによって、最先端の医療や知識や技術が取得出来る反面、やはり身体的にも精神的にもつらいと感じるシチュエーションは増え、今後の自分の生活にも不安が出て来るかもしれません。

そんな風に自分の今後の生活や、キャリアについて悩んだとき私がオススメするのは「放送大学で勉強してみる」ということです。

過去の記事にも上げていますが、放送大学の魅力といえば、

「視野が広がる」

ということです。放送大学といってもそれぞれ6つの専門コースがあり、自分の興味のあるコースに入学することが可能です。

またそれぞれのコースに入ったとしても、自分で自由にカリキュラムを組むことが出来、マイペースに学習する環境が整います。

新しい分野の学習をすることで、新たなキャリアを見つけるきっかけがつかめるかもしれません。

またキャリアと言っても、看護師から別の職へ転職することがキャリアなわけではありません。

新しい知識を得ることで、今の職場で生かすこともとても大切な事であり、そうやって積み重ねてきた日々が自分だけの仕事のキャリアとなります。

自分の仕事について悩んだり、働き方について悩んだりすることは、人生の中で多くあります。

私の場合、当初「放送大学というと看護師が看護学士を取得しに行く」みたいなイメージが強くありました。

しかしながら放送大学に入学してみると、高齢者が大学の図書館で勉強していたり、サラリーマンがテスト会場にいたりして大変驚きました。

放送大学は多くの人々に学びを与える機会を設けた大学だと感じました。

人は常に自分に、そして人生に悩みながらも学習を続け、現状を打開しようと努力する必要があるのだと思いました。

また自分のキャリアに悩む時は、少なからず自分の今の現状に満足していなかったり、新しい事へチャレンジをしてみたいと思っているケースが多いのではないかと私は思います。

実はこういった時って自分を成長出来るチャンスだと私は思っています。

このチャンスを生かして、新しい知識を自分に取り入れることによって、次のアクションに繋げることが出来ます。

私の場合は企業への転職でした。

放送大学で勉強していく中で、看護の現場において悩んでいた事が解消出来た事も多くあります。

そして、解消できなかったことも多くありました。

そんな中で私が考えるようになったのは「もっと広い視野を獲得したい」という思いでした。

広い視野というととても抽象的ですが、簡単に言うと「看護の世界とは異なる別の世界のルールや文化に触れてみたい」というのが率直な思いでした。

そうなると必然的に転職する世界は「病院以外」の所でした。

とはいえ医療にいつまでも携わっていたいという気持ちがあったため、医療機器メーカーの仕事に転職をしました。

人が行動に移せるときって「当事者意識を強く持った時」だと私は思います。

人に言われて、一生懸命出来る人なんて実際の所そうそういるはずもなく、大抵は怒られないように日々「仕事している感」「勉強やっている感」をもって行動しているだけです。

だからこそ、自分のキャリアに悩んだとき、人に強制されることもなく、自分の人生のために入学金を払って、自分の学びたい講義を聞いたり学習したりすることが出来る人は本当にエネルギッシュな人なのだと私は思います。

だからと言って全員が全員、同じ行動や考えを持つことなんて出来ません。

だからこそそれぞれ個人の「キャリア」があって、働き方や考え方が違うからこそ、それぞれの文化やルールがあるのだと思います。

看護師の世界のみならず、自分の働いている分野の知識や技術を高めることはとても大切な事で、その知識や技術が社会貢献に繋がっています。

とはいえ、その世界の文化やルールにだけ触れていては、視野は必然的に偏りがちになります。

だからこそ、「このままで良いのか」といった自分のキャリアへの疑問や悩みにつながるのではないでしょうか。

そういった悩みや疑問を解消するのは、意外にも新しい学習や世界かもしれません。

そんなわけで私は、看護師がキャリアに悩んだ時は放送大学で勉強することをオススメしています。

転職オススメサイト一覧

マイナビ看護師



看護のお仕事

ナースではたらこ



MCナースネット



ジョブデポ看護師

ナースパワー人材センター



「転職の極意」

・自分はどんなキャリアを歩みたいか明確にする事

・自分に合った職場と働き方を見つける事

・転職サイトの登録で必要な情報収集する事

・必ずしも転職エージェントを利用する必要はない事、必要に応じて転職エージェントのサポートを受ける事

ABOUTこの記事をかいた人

「看護師としてのキャリアってなんだろう」 と日々考えているとある看護師 新人からHCU配属。HCU,ICU,ER経験。 新しいチャレンジをしてみたいと考え、思い切って企業に転職。外資系医療機器メーカーのクリニカルスペシャリストとして働きだす。 企業で働き始め、「やはり看護は面白かった」と再考。 再び看護師へUターン。 「どうせなら新しい看護にチャレンジしよう。」と精神看護の道へ。 現在精神看護師として救急病棟で勤務している。 学歴 専門学校卒→放送大学卒(教養学) 学位授与機構で看護学士取得済