看護師×企業 「クリニカルスペシャリスト」 本当に英語が必要か?

クリニカルスペシャリストという仕事は医療機器メーカーで働き、自社の医療機器製品の適正使用と普及拡大活動に努めるお仕事になります。

メーカーによっては、海外製品のものを日本の医療に提供していく会社もあります。

いわゆる外資系医療機器メーカーです。

「外資系医療機器メーカー」

というとイメージされるのは「英語」

英語はクリニカルスペシャリストにとっては必須なのではないか?

そう思う方もいるのではないでしょうか。

結論から申し上げますと、

「英語は必ず必要とは言えない。しかし英語が出来なければ良い仕事は出来ない。」

ということになります。

では今回はクリニカルスペシャリストが英語を使うタイミングについて記載していきます。

クリニカルスペシャリストが英語を使用するタイミングについてですが、

まずは、自社製品の医療機器が海外製品であるかどうかがポイントになります。

自社の医療機器が海外製品の場合、

基本的に取り扱い説明書は外国語になります。

私が担当している製品はアメリカの製品になりますので、取扱説明書は英語になります。

ですから例えば担当する製品の理解のためにはある程度、読む英語が必要になります。

また外資系医療機器メーカーの場合、本社(つまりは海外)から来るメールは全て英語になります。

ただし、日本支社から来るメールは日本語です。

また自社製品の普及・拡大活動のために、顧客先の先生に英語論文を提供する事もあります。

顧客先の先生に論文を提供するという事は、研究背景、論文内容や結果・結論も理解しておく必要があります(顧客先の先生に、論文の内容に関して質問された時、どこに何が書いてあるかなどすぐに分かるくらいにはしておかなければなりません)。

クリニカルスペシャリストの求人を見てみると条件に

・英語読み書き出来るレベル

・英語中級以上

・英語ビジネスレベル

など記載があるように、クリニカルスペシャリストは英語が求められる仕事になっています。

では冒頭申し上げた、

「英語は必ず必要とは言えない。しかし英語が出来なければ良い仕事は出来ない。」

というのはどういう意味になるのか。

実は既に日本に導入されて経過が長い海外製品の取り扱い説明書の場合は、

既に日本語に訳してある場合が多いです。

なぜかと言うと、英語堪能なクリニカルスペシャリストが既に訳しているからです。

もちろんそのような、英語堪能なクリニカルスペシャリストはすでに看護師業界で言う「主任」「師長」クラスであり、若くして成功を収めているような方々です。

また英語の論文に関しても、先輩のクリニカルスペシャリストが既に重要な論文を持っていたり、

会社自体が論文を持っていていたりすることも多く、

そこから情報を収集する機会も多々あります。

もちろん、顧客先の要望に合わせて自分で論文を調べることもありますが、

最悪Google翻訳に頼りつつなんとか要望にあった論文を探し当てることもあります。

本社(海外)から来るメールに関しても、頑張って訳せば何とかなります。

つまり冒頭でお伝えした通り、

「英語は必ず必要とは言えない。」

という事になるわけです。

ただし英語が使えないとなると、

会社の誰かが、英語から日本語に訳してくれるまで取り扱い説明書を読めませんし、

論文だってGoogle翻訳をいつまでもしていては多大な時間を浪費してしまいます。

クリニカルスペシャリストの仕事は多岐に渡るので、論文を読み込む事ばかりに時間を使っていては本末転倒です。

さらに新たな海外製品を日本に導入するプロジェクトに関わるような仕事をする際には、英語は出来て当たり前レベルでなければなりません。

つまり、

「英語が出来なければ良い仕事は出来ない。」

という事になります。

取り扱い説明書をしっかりと読むことや論文提供に関しては、クリニカルスペシャリストの仕事ではありますが、

それ以上に自社製品の適正使用と普及・拡大活動が重きを置かれるので、

症例の立ち合いがある場合は、そちらが優先となりますし、何より症例の立ち合いや現場のサポートこそが何よりも重要です。

またクリニカルスペシャリストという働き方自体がまだ日本では認知度が低く、会社によってクリニカルスペシャリストの働き方も大きく異なってくると私は思っています。

ですからクリニカルスペシャリストという職業にチャレンジしていきたいと思う看護師の皆様は、転職の際はその応募した会社の面接でどのような働き方をするのかをしっかりと確認することが転職後のギャップを埋めるのではないかと思います。

今回はクリニカルスペシャリストが英語を使うタイミングについて記載しました。

基本的には書く、話すよりも、「読む」英語が現時点では大切だと思います。

また英語がどれだけ出来る人材でも、顧客先と信頼関係を構築出来る人材でなければなりません

(もちろん英語が出来ればさらにキャリアアップの可能性は高くなるのは間違いないと思います)。

看護師からクリニカルスペシャリストに転職する際は、

自分がどのようなキャリアを歩んでいきたいのかを見据えていく事が大切です。

また転職後は必ず看護師時代との「ギャップ」は感じるものです。

看護師の場合は、幸いにも「看護師国家資格」

という最強の武器を持っており、この資格は消失することはありません。

まずはチャレンジする姿勢を持つことが大切だと思います。

転職オススメサイト一覧

マイナビ看護師



看護のお仕事

ナースではたらこ



MCナースネット



ジョブデポ看護師

ナースパワー人材センター



「転職の極意」

・自分はどんなキャリアを歩みたいか明確にする事

・自分に合った職場と働き方を見つける事

・転職サイトの登録で必要な情報収集する事

・必ずしも転職エージェントを利用する必要はない事、必要に応じて転職エージェントのサポートを受ける事

ABOUTこの記事をかいた人

「看護師としてのキャリアってなんだろう」 と日々考えているとある看護師 新人からHCU配属。HCU,ICU,ER経験。 新しいチャレンジをしてみたいと考え、思い切って企業に転職。外資系医療機器メーカーのクリニカルスペシャリストとして働きだす。 企業で働き始め、「やはり看護は面白かった」と再考。 再び看護師へUターン。 「どうせなら新しい看護にチャレンジしよう。」と精神看護の道へ。 現在精神看護師として救急病棟で勤務している。 学歴 専門学校卒→放送大学卒(教養学) 学位授与機構で看護学士取得済