看護師×企業 「クリニカルスペシャリスト」コロナの影響で変わる働き方について

コロナウイルスの影響を受けて働き方は変わりました。

すべての人々の働き方に、そして生き方に影響を及ぼしています。

私もその一人です。

私は現在、クリニカルスペシャリストという仕事をしています。

クリニカルスペシャリストとは

今回はコロナの影響を受けて、今後クリニカルスペシャリストという仕事がどのような働き方に変わっていくのか、そして現在の私の働き方も踏まえて記載していきたいと思います。

このブログで何度も何度も記載していますが、クリニカルスペシャリストという仕事は

クリニカルスペシャリストという仕事は医療機器メーカーで働き、自社の医療機器製品の適正使用と普及拡大活動に努めるお仕事になります。

またクリニカルスペシャリストは、

営業マインドも必要になる仕事になります。

クリニカルスペシャリストは病院へ行くことが仕事だと言えます。

病院で自社製品の説明や、一部営業的要素のお仕事をこなし、

より自社製品の医療機器の普及・拡大につなげていく事が必要とされます。

コロナウイルスが蔓延する前、

病院訪問は何の問題なく行えていました。

しかしコロナウイルスが大々的に広まってしまった結果、

病院への訪問は簡単に行えなくなってしまいました。

つまり何が言いたいかと言いますと、

クリニカルスペシャリスト達は

「今までのような仕事が出来なくなってしまった」

という事です。

それはなぜか。

病院側が医療機器メーカーの訪問を規制し始めているからです。

ではそれはなぜか。

我々クリニカルスペシャリスト(つまり医療機器メーカーサイド)が病院訪問に行ってしまった時に、病院へウイルスを持ち込んでしまう可能性があるからなのです。

こういった病院の事情をしっかりと捉え、病院への訪問は、医療機器メーカーとして、クリニカルスペシャリストとして適切なタイミングで行わなければなりません。

もちろん、クリニカルスペシャリストという仕事は医療においては欠かせない仕事だと思っています。

医師が患者を診断し、看護師が患者のケアをし、臨床工学技士が患者を取り巻く医療機器を扱うように、

私たちも患者に関わる自社の医療機器を、医療従事者に正しく使用してもらわなければなりません。

しかしながら、コロナウイルスの影響を受け、その自社の医療機器が使用されなくなった場合、

もはやクリニカルスペシャリストの本来の仕事は失います。

仕事が無くなってしまうのです。

ではクリニカルスペシャリストという職種はコロナの影響を受けて消失してしまうのでしょうか。

私はそうはならないと思います。

なぜならば、

「コロナの影響を受けて、自社の医療機器が使用されなくなったこと」

「コロナの影響を受けて、自社の医療機器が必要でなくなったこと」

は意味が違うからです。

つまり結論を言いますと、

「自社の医療機器を必要とする患者は一定数いるが、コロナの影響を受けて本当に使用しなければならないタイミングで自社製品が使われていない可能性がある」

という事です。

ではその追求はどのように行っていくのか。

それを模索していくことこそがクリニカルスペシャリストの新しい仕事なのではないかと私は思います。

本来仕事とは、自分で見つけて動く事だと私は思います。

もちろん、このような綺麗事は常に通用するわけではなく、上司に言われて発生する仕事もあるでしょう。

上司に言われて嫌々やるしかない仕事も多くあります。

多くがそんなもんです。どの仕事でも。

しかし、そのような仕事だけをやっていても、仕事に楽しさや遣り甲斐を生み出すことはとても難しいのではないでしょうか。

コロナの影響を受けて、世情は大変苦しいです。

病院で働く医療従事者の方には本当に頭が下がる思いです。

だからこそ、クリニカルスペシャリストは、

自社製品の適正使用と普及拡大活動のために、

そしてなにより患者を第一に捉え、

そして病院で働く医療従事者のために、

自社製品の適切な使用方法を、新しい情報を届けなければなりません。

そういった点でクリニカルスペシャリストという仕事は大変やりがいがある仕事なのではないかと私は思います。

誰もが自分で仕事を見つけて働けるわけではありません。

しかしながら、仕事が来るのを待つだけのスタイルでは今後、クリニカルスペシャリストの仕事を続けることは難しくなっていくのではないかと思います。

私が元々働いていた看護師という職業は「患者の提供する看護の一定水準を担保するため」誰もが足並みをそろえ、同じ教育を受けて育ちます。そして患者への継続的かつ、最善の看護を目指していきます。

一方医療機器メーカーで働くクリニカルスペシャリストは、元医療従事者であるものの、足並みをそろえて、同じようにレベルアップしていくわけではありません。

だからこそ、足並みがそろう事もありませんし、

頑張って成果を出した者が認められる社会です。

(逆に頑張っているだけでは評価されない所はこの社会の厳しい所です)

コロナの影響を受け、さらにクリニカルスペシャリストという働き方は変わっていく事でしょう。

そして、このコロナという一つの時代とも言える大きな事態が、今後の自分のキャリアを見つめる機会となるのではないでしょうか。

転職オススメサイト一覧

マイナビ看護師



看護のお仕事

ナースではたらこ



MCナースネット



ジョブデポ看護師

ナースパワー人材センター



「転職の極意」

・自分はどんなキャリアを歩みたいか明確にする事

・自分に合った職場と働き方を見つける事

・転職サイトの登録で必要な情報収集する事

・必ずしも転職エージェントを利用する必要はない事、必要に応じて転職エージェントのサポートを受ける事

ABOUTこの記事をかいた人

「看護師としてのキャリアってなんだろう」 と日々考えているとある看護師 新人からHCU配属。HCU,ICU,ER経験。 新しいチャレンジをしてみたいと考え、思い切って企業に転職。外資系医療機器メーカーのクリニカルスペシャリストとして働きだす。 企業で働き始め、「やはり看護は面白かった」と再考。 再び看護師へUターン。 「どうせなら新しい看護にチャレンジしよう。」と精神看護の道へ。 現在精神看護師として救急病棟で勤務している。 学歴 専門学校卒→放送大学卒(教養学) 学位授与機構で看護学士取得済