看護師×企業 「クリニカルスペシャリスト」 自社医療機器を愛すべき理由

クリニカルスペシャリストという仕事は医療機器メーカーで働き、自社の医療機器製品の適正使用と普及拡大活動に努めるお仕事になります。

またクリニカルスペシャリストという仕事は、

「看護師の国家資格を持っている者」

だからこそ出来る仕事になります。

またクリニカルスペシャリストの転職にあたっては、それぞれクリニカルスペシャリストの転職の「メリット」「デメリット」をしっかりと評価し、その上で転職活動を始めることをオススメします。

クリニカルスペシャリスト転職の「メリット」「デメリット」については下記をご覧ください↓

クリニカルスペシャリストというお仕事に転職し、常に新しい刺激を受けている私ですが、最近ひしひしと感じることがあります。

それは

「自社医療機器を愛せなければクリニカルスペシャリストでは大成しないだろう。」

とひしひしと感じるのです。

クリニカルスペシャリストという仕事は、今までの臨床知識を生かしつつ、新しいビジネスの視点を獲得するとても素晴らしい仕事です。

本来のクリニカルスペシャリストという仕事は冒頭でも記載したように「医療機器の適正利用と、普及・拡大」に努める仕事になります。

手術にそれらの自社医療機器が使われる場合は、クリニカルスペシャリストが顧客先の病院に訪問し、自社医療機器を適正に使用してもらえるようにサポートします。

しかしながら、クリニカルスペシャリストという仕事は一部「営業マインド」が必要な仕事になっており、

「医療機器を普及・拡大させる」という

営業的な視点も重要なポイントになってきます。

この「医療機器の適正利用」と「医療機器の普及・拡大」という活動の両立を果たすためにクリニカルスペシャリストという存在がいます。

そんなクリニカルスペシャリストという仕事において、非常に多くのスキルが必要とされるのは当然の事でしょう。

基本的なビジネスマナーから始まり、

医療機器を適正利用してもらうための基本的な臨床知識からさらなる深い専門的な医療知識、

さらには医師と対等に話が出来るだけのディスカッション能力、

緊急手術の場合に自社医療機器が使用される場合は、話すテンポであったりスピード感が求められます。

さらにはこれに加えて

営業マインドや営業スキル、もっと言えば自社医療機器の使用数が少ない顧客先の医師にどうアプローチするのか、戦略を練ったり、トーク力を磨く必要もあります。

さらには必要に応じて論文を提供するなどの細かい対応や、その際に論文を読み解く英語力、そして統計知識。

一部の日系、外資系の医療機器メーカーでは英語が得意でなくても、入社後に頑張ってくださいという意味を込めて英語があまり得意でなくても入社出来る医療機器メーカーもあるようですが、多くの場合は英語力も必要とされる会社ばかりになっております。

私の職場においても同様、ほとんどの人が「英語を話せる」、もしくは「話せなくても読めるレベル」の最低限の英語スキルを持ったクリニカルスペシャリストの方ばかりです。

優秀なエリートの方ばかりな会社に私は在籍しておりますが、私はあまり英語が出来ませんし、まだまだ大したスキルを体得できていません。ここは自分自身、さらなる努力が必要とされる場所です。

そんな多彩な知識やスキルを必要とされるクリニカルスペシャリストですが、実は個人的にもっと大切で重要なものがあると思っています。

それは

「自社医療機器を愛することが出来るか」

ということです。

正直な所、これ以外で先ほど挙げた「多彩な知識やスキル」などは上司のクリニカルスペシャリストを真似たり、学習していく過程で身に付けることが可能だと私は思っています。

もちろんこれらの知識とスキルを得るためには相当な努力が必要です。

しかしそれ以上に、そもそも自社医療機器を愛することが出来なければ、クリニカルスペシャリストとして大成することは困難だと思います。

考えてもみてください。

自分の好きでもない食べ物を人にオススメすることが出来ますか?

自分の好きでもないスポーツを熱く語れますか?

仕事だと割り切って、飯を食うためだと割り切って仕事をしたとしても、心からクリニカルスペシャリストとしてやりがいを持って仕事をすることは難しいと思います。

もちろん、どうしても自社の医療機器が好きになれず、それでもその仕事を続けなければならない特別な事情があればしょうがないこともあるでしょう。

しかし、私個人的には仕事は楽しくやりがいを持って働かなければ

「仕事で大成することは出来ないだろう」と思いますし、

臨床看護師という素晴らしい仕事を辞めてなお、それ以上の仕事を求めてたどり着いたクリニカルスペシャリストという仕事を素晴らしい仕事だと思えなければ、

クリニカルスペシャリストという仕事を辞めたほうが良いと私は思っています。

やはりそのように、仕事を楽しく、そしてやりがいを持ってクリニカルスペシャリストという仕事をやりきるためには

「自社医療機器を愛すること」

がとても重要なポイントになってくるのではないかと思います。

「自分が愛する製品を、沢山の人に使ってもらいたい」

そんな気持ちを持つことがまずは大切になってくるのではないでしょうか。

そういったブレない自分の軸となる、そんな根幹を持つことが仕事を進めるための一歩なのだと私は思っています。

クリニカルスペシャリストとして顧客先の病院に訪問すると、医師だけでなく、時には看護師の方とお話をする機会があります。

やはりそういった看護師の働いている姿を見ると尊敬の念が湧きます。

そういった仕事を辞め、クリニカルスペシャリストという仕事に私は転職しました。

臨床看護師以上に遣り甲斐や、楽しさ、社会への貢献、自己成長を求めてクリニカルスペシャリストに私はなったのです。

現在は本当にクリニカルスペシャリストに転職を果たして良かったと思っています。

日々の生活の中で新しい発見と、成長している感覚を実感しています。

さらなる自己成長と、遣り甲斐、楽しさ、社会への貢献のために、

「自社医療機器を愛すること」

自分の軸をブラさずに、成長していきたいと思います。

転職オススメサイト一覧

マイナビ看護師



看護のお仕事

ナースではたらこ



MCナースネット



ジョブデポ看護師

ナースパワー人材センター



「転職の極意」

・自分はどんなキャリアを歩みたいか明確にする事

・自分に合った職場と働き方を見つける事

・転職サイトの登録で必要な情報収集する事

・必ずしも転職エージェントを利用する必要はない事、必要に応じて転職エージェントのサポートを受ける事

ABOUTこの記事をかいた人

「看護師としてのキャリアってなんだろう」 と日々考えているとある看護師 新人からHCU配属。HCU,ICU,ER経験。 新しいチャレンジをしてみたいと考え、思い切って企業に転職。外資系医療機器メーカーのクリニカルスペシャリストとして働きだす。 企業で働き始め、「やはり看護は面白かった」と再考。 再び看護師へUターン。 「どうせなら新しい看護にチャレンジしよう。」と精神看護の道へ。 現在精神看護師として救急病棟で勤務している。 学歴 専門学校卒→放送大学卒(教養学) 学位授与機構で看護学士取得済