クリニカルスペシャリストという仕事は医療機器メーカーで働き、自社の医療機器製品の適正使用と普及拡大活動に努めるお仕事になります。

クリニカルスペシャリストという仕事において、一番大切で基本的なことは

「自社の医療機器製品の適正利用を顧客病院にしていただく」

ということです。

自社の医療機器をどれだけ顧客先の病院に適切に使用してもらうか、正しく理解してもらえるかはクリニカルスペシャリストの腕の見せどころです。

クリニカルスペシャリストという仕事は医療従事者寄りの仕事であることは間違いなく、いつどんな時でも患者第一の精神は忘れてはなりません。

ですが、病院ではたらく医療従事者の方とは異なり、クリニカルスペシャリストは企業に勤めています。

当然ですが、企業は利益も追及していかなければなりませんので、自社の医療機器の売り上げも意識して働く必要があります。

クリニカルスペシャリストの仕事自体は医療機器の売り上げのノルマがあるわけではなく、「売り上げが下がっているから、病院に売り込みに行ってくれ」など上司から言われることもありません(営業に近い事もしなければならない事も会社によってはあるようです)。

ではクリニカルスペシャリストは「営業」とは全く関係ない仕事なのでしょうか。

いいえ、実際にはクリニカルスペシャリストは

営業的要素と大きなつながりを持っています。

正確に言えば

クリニカルスペシャリストは営業マインドが必要な仕事になってきます。

クリニカルスペシャリストの仕事は冒頭でも記載した通り

「自社の医療機器の適正利用を顧客先の病院にしていただく」

という所が最も基本的で大切なクリニカルスペシャリストの仕事になります。

しかしそれらに加えて

「自社の医療機器製品を多くの病院に普及・拡大させていく」

という仕事もクリニカルスペシャリストには求められます。

ですから、適正使用のためにすでに顧客となっている病院に伺う中で

「顧客先の病院が自社製品を使用するにあたり困っていることはないか」

「自社の医療機器製品を正しく、そしてより多く使用してもらえているか」

「自社の医療機器製品で改善してほしい所はないか」

といった、自社の医療機器に対する医療従事者の思いや考えも引き出していく必要があります。

また顧客先の医師の方によっては得意、不得意とする分野があり、自社製品を使いたいタイミングもそれぞれの医師の方では違います。

・A先生はこんな症例での自社製品の使用が多い

・B先生はA先生と違い違う分野で自社製品を使用するケースが多い

などそれぞれの医師の特徴も理解することで、それぞれの医師に対するアプローチも変更していく必要があります。

さらには、もっと多く自社製品を使ってもらうために、日本国内や海外での臨床研究の症例を医師に提示することで、新たな症例で自社製品を使ってもらえるようにする。

といった仕事もクリニカルスペシャリストの業務に入ってきます。

ですから臨床研究の論文を読み解く力も必要になってきますし、自分の担当している製品における医療分野においては医師と対等に会話できるくらいの知識が必要になってきます。

なぜこういった業務がクリニカルスペシャリストの仕事内容に含まれているのかといいますと、

やはり一般的な医療営業職と比べて、クリニカルスペシャリストは「医療従事者寄りの専門知識であったり、スキルを持っている元医療従事者である」という点が最も大きな要素であると私は思っています。

顧客先の医療従事者の思いや、疑問、苦労している点など、はやり臨床経験のあるクリニカルスペシャリストは察知しやすいからです。

こういった、顧客先の医療従事者観点に一緒立つことによって、顧客先の医療現場の問題(自社の医療機器における)を解決することで、より多く自社の医療機器製品の売り上げにつなげることができます。

そうした理由から、クリニカルスペシャリストは

「自社の医療機器の適正利用」

という最も重要かつ基本的な行う内容を行いながら、

「自社の医療機器の普及・拡大」

という仕事も担う中で営業マインドを発揮し、会社の利益に貢献していく仕事になっていきます。

・新しい環境にチャレンジしたい

・看護師の知識と技術を生かして、違う仕事をしてみたい

・ビジネスマインドを学んでみたい

そう思っている看護師の皆様、興味があればぜひクリニカルスペシャリストの転職に挑戦してみてはいかがでしょうか。

転職オススメサイト一覧

マイナビ看護師



看護のお仕事

ナースではたらこ



MCナースネット



ジョブデポ看護師

ナースパワー人材センター



「転職の極意」

・自分はどんなキャリアを歩みたいか明確にする事

・自分に合った職場と働き方を見つける事

・転職サイトの登録で必要な情報収集する事

・必ずしも転職エージェントを利用する必要はない事、必要に応じて転職エージェントのサポートを受ける事

ABOUTこの記事をかいた人

「看護師としてのキャリアってなんだろう」 と日々考えているとある看護師 新人からHCU配属。HCU,ICU,ER経験。 新しいチャレンジをしてみたいと考え、思い切って企業に転職。外資系医療機器メーカーのクリニカルスペシャリストとして働きだす。 企業で働き始め、「やはり看護は面白かった」と再考。 再び看護師へUターン。 「どうせなら新しい看護にチャレンジしよう。」と精神看護の道へ。 現在精神看護師として救急病棟で勤務している。 学歴 専門学校卒→放送大学卒(教養学) 学位授与機構で看護学士取得済