私は高校時代、挫折とはこういうものなのかと心から体験しました。

私はとある高校のバレー男児でした。

全国的にもどの部活も強く、有名な高校でした。

もちろんバレーボールも同様でした。

死に物狂いでバレーボールに食らいついた三年間。

バレー以外何も考えなかった三年間。

そして、

表舞台に立てなかった三年間

私の高校時代はこの言葉に尽きます。

高校三年間、必死に努力してそこそこ上手くなったとは思いますが、やはりレギュラーには追いつくことが出来ませんでした。

部活の控えって本当に日が当たらないのです。

私の中学生時代、田舎の弱小校ながら、レギュラーを一年生から獲得していました。

特別才能があったわけではありませんが、運動神経は悪くない。

少ない練習でも、周りの誰よりも上手くなりました。

中学校時代はそうやって過ごして来ました。

高校の蓋を開けてみれば、

そこは超人達の集まりでした。

誰にも勝てない。

追いつけない。

私の高校バレー人生どん底のスタートでした。

きつい練習が毎日続きます。

とにかく練習がきつかった。

先輩も鬼のように恐ろしかった。

先生はそれ以上に恐ろしかった。

バレー以外考えられなかった。

どんなに練習しても同期にさえ追いつくことが出来ない。

練習試合でさえほとんど出れない。

経験値がどんどん主力メンバーと差がついていく。

たまに練習試合にでても、

結果は出せない。

怒鳴られる。

怒号が飛ぶ。

ため息がでる。

地獄の三年間。

高校とは人生の縮図とも言える。

高校にもヒエラルキーがある。

私の高校の場合は

先生>3年生>2年生>1年生

は当然で、上級生の指示は絶対でした。

無茶な指示も必ずやり遂げなければならない。

 

同学年でもヒエラルキーは存在していて、強い部活の生徒は廊下を風を切って歩いていきます。

部活で結果を出したものが最強。

部活で結果を出したものがえらい。

部活で結果を出せなければ敗北者。

レギュラーになれなければ敗北者。

控えは常にサポートにまわる。

自分の練習よりも周りのサポートが優先。

技術の差が埋まることはない。

同期に馬鹿にされても、

半ばいじめのようないじり方をされても

一番下手な私はひたすらに耐え忍ぶしかありませんでした。

バレーも、

自分の技術も、

自分の性格も、

自分のすべて、

本当にすべてを恨むくらい、

つらかった。

敗北、絶望、焦燥、無力、

そして

自分が心から感じた

挫折

とにかく当時を思い出してもほとんど良い思い出はない。

そんな3年間を過ごしました。

そんな高校三年間でしたが、私にとって、

本当に貴重な期間であり、

本当に貴重な経験だった、

そんな風に今は思っております。

私はこのような3年間を過ごしてきた中で、

学んだ事がいくつかあります。

①ハードな環境は学ぶ機会が多い

②生きる術を身に付けること

③ハードな環境は自分をタフにさせる

④競争することの必要性

⑤上には上がいる 下には下がいる

⑥優しい奴が一番最強

①ハードな環境は学ぶ機会が多い

ハードな環境に身を置くことはとても大変です。

しかし、ハードな環境の中には学ぶ機会が多いのです。

中学校は一年生からレギュラーだったので、サポートするメンバーの気持ちがどれほどつらいのか、

どれほど試合にでたいのか、活躍したいのか、ここまで周りの気持ちを考えることが出来ていませんでした。

サポートするメンバーは悔しさを噛みしめながらも、

自分がどのようなサポートをすることが、

自分は何が出来るのか、

レギュラーの活躍につながるのか、

何をすると周りは安心するのか

など周りを良く見て行動できるようになりました。

また同じ練習や同じ事をしていては周りに追いつくことはできません。

周りと同じことをする+αをする

自分がメンバーと比べてどこを高めるのかなど、ただただ惰性的な練習をするだけでなく

自分にとって価値のある行動は何か

そんなことを考えて行動出来るようになりました。

②生きる術を身に付けること

私は高校で部活動を始めた時、早々に今までのポジション、つまり中学校三年間やっていたポジションを変更しました。

周りの部員を見た時に、

「これから3年間努力しても今までのポジションでは勝てない。」

そう思ったからです。

実際にポジションを変更しても、レギュラー獲得に至らなかったため、結果論で言えば、そんなに変化はなかったのかもしれませんが。

 

弱肉強食の世界において、弱い動物は、強い動物に食べられてしまいます。

弱い動物は、強い動物に食べられないための術を見つけなければ、生きることが出来ないのです。

私が過ごした高校三年間、部活動で生きる術の必要性を強く感じることが出来ました。

③ハードな環境は自分をタフにさせる

ハードな環境はすごく、身体的にも精神的にもつらいです。

ですから、どんな時でも身体的にも、精神的にもタフでいなければなりません。

絶対結果を出してやるといった思い、

諦めない気持ち

自分に必要だと思う事をしっかりと続けること

ただの根性論のような気もしますよね。

でも私はこういったものが嫌いではありません笑

最終的には諦めない心や気持ちから

身体や精神が鍛えられると私は思っています。

 

私の場合、当時体力がない人間でした。

これでは体だけでなく、心もやられてしまう。

そう思った私はつらかったですが、とにかくたくさんご飯を食べました。

あまり食べられないほうだったのですが、

「食べなければ勝てない、やられてしまう。」

そう自分を奮い立たせて沢山ご飯を食べました。

結果的には高校三年間で15㎏の増量に成功しました。

身長は1㎝も伸びませんでしたが笑

とにかくストレッチも入念に行いました。

このタフな環境で生きるために、

自分に必要なもの、そして必要のないもの、

要は何を取って何を捨てるのか

そういったことも考え、私は部活動を取りました。

絶対レギュラーを取る、

そのために高校時代は部活動のみ力を入れました。

その分何を捨てたのかと言いますと、勉強でした。

当時を振り返ってみると、

勉強を捨てるなど、本当に最低の行為ですね笑

間違った事をしたとは思いますが、

これくらい、自分に必要なものを厳選する

という行為も、

本当に選択を迫られた時には必要かもしれません。

④競争することの必要性

競争によって人は強くなります。

競争こそが強さが生まれる瞬間です。

誰かを見返したい、

この人には負けたくない

そんな思いを持つこと。

誰よりも成功したい、

誰よりも高い景色を見たい。

そんな思いを持つことも大切だと学びました。

ただし競争の中では、人を蹴落とす行為や、人を見下す行為に対して私は賛成しません。

お互いに認め合う気持ち、

尊敬する部分、

自分に持っていない部分を相手は持っている事も発見する必要があります。

⑤上には上がいる 下には下がいる

私の高校のバレー部員はどの部員もとても強かったですが、全国に出てみれば、それほど結果を出すことはできませんでした。

上には上がいるのです。

逆に高校を卒業してから、社会人バレーに参加させていただく機会があったのですが、

その中で、私はかなりバレーで活躍することが出来ました。

一目置かれるような存在となりました。

このような事も起こるのです。

先ほど競争が大事だと言いましたが、

上を見ればきりがないし、

下を見てもきりがないのです。

先ほどの競争のお話と合わせるとすると、

競争の中で、同じように競いあうだけでではいけない。

上を見てもきりがないから自分のオリジナリティを磨いていくことで自分を認めて自分で納得する領域を目指していくこと

こういったことが大切なのだと私は学びました。

⑥優しい奴が一番最強

私は高校三年間で常に結果をさせず、中途半端な人間となっていました。

バレー部の中には本当に嫌な人もいましたが、中にはこんな私にも、優しいメンバーもいました。

そのメンバーは三年間レギュラーを獲得し続け、かつどのような人にも優しい人だった。

そんな彼を見た時に

「優しい奴が一番最強なのかもしれない」

そんな風に思いました。

周りを大切にし、感謝する。

どんな人でも手を差し伸べてあげる。

辛いひとを支えることができるということ。

そんな人が一番すごい人なんだと思いました。

私が看護師を目指した一つの理由になりました。

まとめ

辛い高校三年間でしたが、

この辛い三年間こそが

私をつくりあげたのだと思います。

辛い思いをして、辛い中でももがきながら、

自分は何者であるのか、

自分はこれからどうなっていくのか

自分を確立させていく三年間となりました。

私は人それぞれで良いと思っています。

だからこそ、私はいつまでも優しく強くありたいと思っています。

高校時代の挫折は今でも心の中にしっかりと残っています。

この気持ちが私の根底にあって、

私の原動力となっています。

これからも頑張っていきたいと思います。

転職オススメサイト一覧

マイナビ看護師



看護のお仕事

ナースではたらこ



MCナースネット



ジョブデポ看護師

ナースパワー人材センター



「転職の極意」

・自分はどんなキャリアを歩みたいか明確にする事

・自分に合った職場と働き方を見つける事

・転職サイトの登録で必要な情報収集する事

・必ずしも転職エージェントを利用する必要はない事、必要に応じて転職エージェントのサポートを受ける事

ABOUTこの記事をかいた人

「看護師としてのキャリアってなんだろう」 と日々考えているとある看護師 新人からHCU配属。HCU,ICU,ER経験。 新しいチャレンジをしてみたいと考え、思い切って企業に転職。外資系医療機器メーカーのクリニカルスペシャリストとして働きだす。 企業で働き始め、「やはり看護は面白かった」と再考。 再び看護師へUターン。 「どうせなら新しい看護にチャレンジしよう。」と精神看護の道へ。 現在精神看護師として救急病棟で勤務している。 学歴 専門学校卒→放送大学卒(教養学) 学位授与機構で看護学士取得済