クリニカルスペシャリストの転職を考えている方に、是非見ていただきたい記事です。

私が転職を考えている方に伝えたいこと、それは

「転職サイトは活用した方が良い」

ということです。

ではなぜクリニカルスペシャリストの転職にあたり、転職サイトを使用した方がよいか以下に記載していきます。

目次

①業界事情に詳しい

②希望に沿った求人が見つかりやすい

③履歴書等の書類対応もしてくれる

④面接対策もバッチリしてくれる

⑤無料で利用できる

※注意するべきポイント

①業界事情に詳しい


クリニカルスペシャリストという職業はまだまだマイナーな職種です。

新しい医療機器導入にあたって、クリニカルスペシャリストが病院に来ることもありますが、普段から日常的にクリニカルスペシャリストと関われる機会は少ないです。

そのため看護師がクリニカルスペシャリストに転職したいと思ったとき、なかなか医療業界やクリニカルスペシャリストの業界の事が見えてこないのが現状です。

クリニカルスペシャリストに転職したい方、インターネットで調べてみても同じような分ばかりが並んでいたり、思ったような情報収集ができないのではないことが多いのではないでしょうか。

そこで利用するべきなのが

転職サイトのエージェントさんです。

転職サイトのエージェントさんは

転職にあたって必要な情報やノウハウをしっかりと身に着けています。

転職エージェントさんは、クリニカルスペシャリストの仕事内容だけでなく、

・年収はどのくらいなのか

・需要はどれくらい高まってきているのか

・今の求人数はどの程度なのか

・どのような時期に求人数が増えるのか

・働くことのメリットやデメリットは何か

看護師からクリニカルスペシャリストになるにあたってどのような心構えが必要なのか、どんな知識や技術を必要とされているのか、

そもそも企業側は、看護師がクリニカルスペシャリストになるにあたって何を求めているのか、など様々な情報を持っています。

これらの情報がない状態で看護師がクリニカルスペシャリストに転職しようとすると、間違いなく合格は得られないでしょう。

ですから、クリニカルスペシャリストの業界事情を情報収集するという意味でも、転職サイトの活用をすることは必須であると私は考えています。

②希望に沿った求人が見つかりやすい

クリニカルスペシャリストといっても分野は様々であり、脳に関わる製品、循環器に関わる製品、心臓血管系に関わる製品
呼吸器に関わる製品、整形に関わる製品、泌尿器に関わる製品、画像系の製品

など本当に様々な分野があります。

もっと言えば、さらにその分野から細分化されて、もっと一つ一つの製品に分けられます。

クリニカルスペシャリストという仕事の転職理由は様々だと思いますが、

「臨床時代、こんな分野のこの製品に感動したから、この会社に就職したい!」

「この分野が私の強みだから、この分野の強い会社に就職したい!」

など、製品や分野に強いこだわりがある場合は

必ず転職サイトを活用することをおすすめします。

なかなかインターネットで調べてみても、希望に沿った求人が出ていないことも多数見られます。

転職サイトは、実は未公開求人を持っていたり、新しく出た求人をすぐに連絡してくれることが多いです。

正しく転職サイトを使うとこのような利益が得られます。

③履歴書等の書類対応もしてくれる

いざクリニカルスペシャリストに転職!

と思い履歴書を準備しますが、

・履歴書ってどうやって書くんだっけ?

・こんな書き方で良かったかな?

・このまま出して会社側に悪く見られないかな?

と思いませんか?

これまでに何度か転職経験をされている方は慣れているかもしれませんが、大抵の人はこのように履歴書を書くときに困ったりすることが多いと思います。

そんなときは転職サイトを活用しましょう。

転職サイトを活用すると会社側に出す前に、転職サイトが一度確認してくれますし、修正した方が良い所を教えてもらえます。

転職サイトのエージェントさんは、これまで何度も履歴書に目を通されています。

私たち看護師よりも、そういった点はかなり信頼できるはずです。

④面接対策もバッチリしてくれる

臨床看護師が、また別の病院に転職・・・となると結構、面接もほどほどにして

「次いつ来れますか?」

「いつから働けますか?」

と言われることが結構多いようです。

(↑※私の周りから聞いた話です)

しかしながらクリニカルスペシャリストの転職は一味違います。

企業側も優秀な人材確保に必死です。

面接で自信がなさそうにしていたり、上手く話すことが出来なければ、いくらクリニカルスペシャリストへの想いが強かったとしても企業側には伝わらないでしょう。

私の場合は

「やる気が伝わらなかった。」

「話していて知識が十分ではないと感じた。」

と言われ、何社か面接で落ちています。

それでも繰り返し、繰り返し、転職サイトのエージェントさんがめげずに電話での面接練習を繰り返し行ってくれました。

その結果、なんとか一社から内定を頂くことが出来ました。

私は優秀な人間ではありませんし、面接はかなり緊張するタイプです。

転職エージェントさんが、何度も面接練習をして下さったからこそ内定を頂くことが出来たのだと感じています。

⑤無料で利用できる

転職サイトは基本的にどこも無料だと思います。

(私は有料サイトに出会ったことがありません)

転職サイトは基本的に、転職を斡旋し、その仲介料として、企業側にお金を請求するという仕組みになっています。

そのため、基本的に私たちにお金の請求が来ることはありません。

無料で利用できるなら、いくつか転職サイトに登録し、一番自分にあった転職エージェントさんを見つけると良いでしょう。

※注意するべきポイント


これまで、転職を活用した方が良い理由をいくつか挙げてきましたが、転職サイトを使用するにあたって、注意しなければならないこともあります。

それは

良い転職サイトも

悪い転職サイトも

混在している

という事です。

これについては本当に注意が必要です。

私が経験した中では、

→転職サイトに登録後、転職エージェントから「履歴書を送ってください。」と言われる。

→履歴書送った後、後日電話(5分程度)

→「~、~、こんな求人がありますので、エントリーが出来るか企業側に確認します」と電話で色々企業名を言われ、電話を終了する

→それから連絡が一切来ない。

(半年以上経過した今でも連絡がこない)。

これが一番ひどい経験ですね。

今でも思い出すと何なんだと怒りがこみ上げますし、こんな転職サイト本当に成り立っているのかと不思議でなりません。

いくつか転職サイトに登録しましたが、その他にも

・転職を急かすような転職会社

・志望動機もろくに聞かず、すぐ本題に入ろうとする転職サイト

などいましたので、本当に注意してください。

多分これまで看護師をされてきた方であれば、このような対応をする転職サイトに出会ったときに怪しい、おかしいと思うはずです。

信頼できないと感じた時点で、その転職サイトと関りを持つのをやめましょう。

幸い私の場合は、本当に良い転職サイトに出会えました。

電話のアポイントから始まり、志望動機、これまでの働き方、これからの働き方自分が目指す人間像、人生で大切にしている事など事細かに

「私という人間を全体的に捉えようとしてくれる」

エージェントさんでした。そして私が納得するまで

「何度も面接練習をしてくれる」

最高の転職サイトのエージェントさんでした。

本当に心からこの転職サイトに登録して良かったと思いました。

まとめ

今回はクリニカルスペシャリストになるために転職サイト活用するべき5つの理由

クリニカルスペシャリストへの転職において転職サイトの活用は必須です。

しかし、先ほども書きましたが、

良い転職サイトも悪い転職サイトも

混在している

ということを忘れてはいけません。

良い転職サイトを発見し正しく活用し、クリニカルスペシャリストの内定をゲットしてください。

転職オススメサイト一覧

マイナビ看護師



看護のお仕事

ナースではたらこ



MCナースネット



ジョブデポ看護師

ナースパワー人材センター



「転職の極意」

・自分はどんなキャリアを歩みたいか明確にする事

・自分に合った職場と働き方を見つける事

・転職サイトの登録で必要な情報収集する事

・必ずしも転職エージェントを利用する必要はない事、必要に応じて転職エージェントのサポートを受ける事

ABOUTこの記事をかいた人

「看護師としてのキャリアってなんだろう」 と日々考えているとある看護師 新人からHCU配属。HCU,ICU,ER経験。 新しいチャレンジをしてみたいと考え、思い切って企業に転職。外資系医療機器メーカーのクリニカルスペシャリストとして働きだす。 企業で働き始め、「やはり看護は面白かった」と再考。 再び看護師へUターン。 「どうせなら新しい看護にチャレンジしよう。」と精神看護の道へ。 現在精神看護師として救急病棟で勤務している。 学歴 専門学校卒→放送大学卒(教養学) 学位授与機構で看護学士取得済