看護師がクリニカルスペシャリストとして採用されるための4つのポイント 

クリニカルスペシャリストという仕事は医療機器メーカーで働き、自社の医療機器製品の適正使用と普及拡大活動に努めるお仕事になります。

今回は「クリニカルスペシャリスト」採用されるためにはどのような方法やマインドを持つ必要があるのかについて考えていきます。

この記事は現在、実際に外資系医療機器メーカーでクリニカルスペシャリストとして働いているとある看護師、つまり私の経験を元に記載しています。

それでは「クリニカルスペシャリスト」採用されるための4つのポイントを記載していきます。

目次

①志望動機でアピールすること

②自信のある態度で臨むこと

③クリニカルスペシャリストという仕事を理解すること

④看護師としての臨床経験を積んでおくこと

①志望動機でアピールする

志望動機は当たり前ですがとっても重要です。

看護師というライセンスを持っていながら、

なぜ臨床ではなく、クリニカルスペシャリストを目指すのか

そこまでこだわる理由があるのかなど面接時はとにかく色々な質問が企業から問われます。

クリニカルスペシャリストの採用にあたり企業側も必死です。

なぜなら、クリニカルスペシャリストを一人前に育てるにはかなりの時間を要するからです。

クリニカルスペシャリストに転職後

「こんな仕事だと思わなかった・・・。」

「臨床に戻りたい・・・。」

と辞められてしまえば、正直企業側も大打撃です。

そのためクリニカルスペシャリストの転職にこだわる、いわゆる志望動機がとても重要視されています。

・土日祝日が休み

・夜勤がない

・年収が良い

などは正直ありきたりな理由です(とある看護師も上記の理由は大変魅力的だと思っていましたが、これらの理由については心にとどめておきましょう)。

もちろんこれらのことを志望動機として挙げてはいけないということではありませんが、

そういった理由よりも、

・医療現場で制約や、医師の指示を待たないとできない環境が現状ある→自由度の高いクリニカルスペシャリストになってしっかりと自分自身で成果を上げていきたい。

・御社の医療機器が実際に私の病院に導入された→医療機器自体にすごく魅力を感じている、このような魅力的な医療機器に関わって仕事がしたい!もっと自分自身の手でこの医療機器の普及活動関わりたい。

・看護師という視野をさらに広げた時、必ずしも臨床看護師だけが患者に貢献しているわけではない→医療者として視野を広げた時に、この分野のこの製品の普及が患者の利益につながると確信している。

などより一層具体的で、やる気が伝わるような志望動機が必要です。

企業の面接官が

「この方からクリニカルスペシャリストになりたい気持ちがしっかりと伝わってくる!」

そう思ってもらえるような、そんな熱い志望動機を準備して、しっかりと面接官にアピールしましょう。

②自信のある態度で臨むこと

企業側の面接官は、人事のトップや、営業部長、クリニカルスペシャリストを統括している、いわゆる看護部長的な方が面接されます。

実際に私もいくつか企業の面接に行きましたが、どの方もその企業のトップの方ばかりでした。

正直に申し上げますと

かなり緊張します。

「あれ、準備していた言葉が飛んでしまった。」

こんなこともありました。

しかし、そこでめげてはいけません。

・臨床看護師としてこんなことを頑張ってきた!

・私が入社したらこんなことを頑張りたい!

など今まで頑張ってきたことを自信をもって伝えましょう。

自信の無い態度はご法度です。

実際に私も緊張して委縮してしまった面接では

「やる気が伝わらかった。」

と採用見送りになったしまったこともありました。

もちろん、すべての質問や、その医療機器に関わる分野の質問にすべて答えられるのが最も良いとは思いますが、ぶっちゃけ分からないこともあると思います。

分からない質問に対しては中途半端には回答せず、

「存じ上げておりません。今後調べて参ります。」

経験していないことに対しては

「この部分は未経験ですが、入社後はさらに努力を重ねて参ります。」

と謙虚で素直な姿勢で臨むことも重要です。

③クリニカルスペシャリストという仕事を理解すること

これも当たり前なのですが、クリニカルスペシャリストという仕事についてしっかりと理解しておかなければいけません。

面接官からは、

「クリニカルスペシャリストの仕事内容知ってますか?」

「その仕事のどのような所を魅力に感じていますか?」

「クリニカルスペシャリストはどのような立場にある職業か知っていますか?」

「クリニカルスペシャリストと看護師の違い分かりますか?」

「クリニカルスペシャリストと営業職って何が違うか分かりますか?」

などクリニカルスペシャリストという職業を本当に知っているのか質問されます。

当たり前ですが、このような質問に対し、うまく答えられなければ、仕事を理解していないと思われてしまいます。

もちろん実際に働いたことのない方が、

「もちろんです!クリニカルスペシャリストは~という仕事で、このような仕事ができる自信があります!」

と言えば信用性に欠けますし、自分を過信していると思われかねません。

「クリニカルスペシャリストという仕事は~という風に捉えております。私は臨床現場で~という点を頑張ってきたので、臨床の学びをクリニカルスペシャリストに転職後も生かせると考えています。」

といった具合に、自信をアピールしつつ、謙虚さも伝えられると面接官から良い評価を頂けるのではないでしょうか。

④看護師として臨床経験を積んでおくこと

そんな私も、ある一社から採用を頂きましたが、

その他は

全て落ちています。

正直かなりショックが大きかったですが、

実際に落ちた理由は様々です。

そのうちの一つの会社の面接では

「臨床経験が足りない。」

と評価された会社がありました。

その理由として、

筆記試験の点数が悪かったこと

が挙げられます。

全ての会社が筆記試験を準備しているというわけではありませんが、会社によっては筆記試験を準備しています。

臨床経験5年目の看護師が2人いたとしても、その二人の臨床経験、道の歩み方、学習の質が違いますから、これらの筆記試験で「臨床経験」を見極められ、臨床経験が十分にあると評価された方が採用されます。

こればかりは本当に臨床経験を積むと共に、その分野に関してコツコツと学習を進めるしかないわけです。

クリニカルスペシャリストの募集要項に、「臨床経験5年以降の看護師」など記載がある会社もありますが、ただ臨床経験年数を積むだけでなく、日頃から勉強をしておかなければなりません。

ですからクリニカルスペシャリストの転職にあたっては、臨床経験年数を積みつつ、「臨床経験をしっかりと積んでいる」と思われるような日ごろの学習と努力を重ねていきましょう。

まとめ

自分が転職したい医療機器メーカーの製品に関する知識をある程度持っていて、かつ優秀な看護師は採用されやすいと思いますが、なかなかそう簡単にはいかないものです。

私も5社くらい受けましたけど、かすりもせず書類で落ちたこともあります。

ぶっちゃけ落ち込みます。看護師って病院では引く手あまたですから。こういうのには慣れていない方も多いのではないでしょうか。

クリニカルスペシャリストへの転職は簡単なものではありません。

しかし、しっかりと臨床経験と学習を積み、熱い志望動機を持ち、転職に臨めば無理な転職ではないと私は考えています。

臨床を飛び出し、クリニカルスペシャリストに転職したい!そう思っている方が見えたら、ぜひ私の体験談を参考にして頂けたら幸いです。

転職オススメサイト一覧

マイナビ看護師



看護のお仕事

ナースではたらこ



MCナースネット



ジョブデポ看護師

ナースパワー人材センター



「転職の極意」

・自分はどんなキャリアを歩みたいか明確にする事

・自分に合った職場と働き方を見つける事

・転職サイトの登録で必要な情報収集する事

・必ずしも転職エージェントを利用する必要はない事、必要に応じて転職エージェントのサポートを受ける事

ABOUTこの記事をかいた人

「看護師としてのキャリアってなんだろう」 と日々考えているとある看護師 新人からHCU配属。HCU,ICU,ER経験。 新しいチャレンジをしてみたいと考え、思い切って企業に転職。外資系医療機器メーカーのクリニカルスペシャリストとして働きだす。 企業で働き始め、「やはり看護は面白かった」と再考。 再び看護師へUターン。 「どうせなら新しい看護にチャレンジしよう。」と精神看護の道へ。 現在精神看護師として救急病棟で勤務している。 学歴 専門学校卒→放送大学卒(教養学) 学位授与機構で看護学士取得済