マクドナルド帝国をつくった男~レイクロックの行動から学ぶ~

マクドナルドを何かは知らない人はいないでしょう。

マクドナルドは今やどこにでもあります。

そんなマクドナルドですが、

マクドナルド創業者は、マクドナルド兄弟です。

しかし、これほどマクドナルドを有名にさせたのはマクドナルド兄弟ではありません。

マクドナルドここまで有名にさせたのはレイクロックという一人の男です。

レイクロックがマクドナルドと出会ったのはなんと彼が52歳の時でした。

52歳でマクドナルドと出会い、

大成功をおさめた彼はまさに大器晩成であると言えます。

詳しい彼の人生は、自伝の「成功はゴミ箱の中に」や、

マイケルキートンが務めた映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」

などでも描かれています。

結構映画では、レイクロックの狂人さが描かれていますが・・・。

今回は、そんなマクドナルド帝国をつくった男

レイクロックから仕事に対する情熱について学んでいきます。

目次

①彼はセールスマンであった

②レイクロックのひらめきがマクドナルドを大きくした

③手段を選ばない男

④「顧客にとってのベスト」を考えていた

①彼はセールスマンであった

彼は50歳まではセールスマンでした。

シェイク用ミキサーの営業にまわっていました。

彼は、一度にミルクシェイクを6つも作れるミキサーを8台も所有している店があるという情報を聞きつけ、行った先がマクドナルド兄弟が経営するハンバーガー店でした。

当時のハンバーガー店は、ウェイトレスが注文を聞きに来るというのが主流。

ウェイトレスを待ち、注文を受け、料理を作り始めます。

当然それらの工程を経てから、ハンバーガーが自分の手に届くので、時間はかかりました。

しかしマクドナルド兄弟のハンバーガー店は違いました。

客がレジ前に並び、注文をする。注文をするとすぐに出てきます。

注文後長い間待たされることはありません。

ガラス張りで、清潔な印象の店員。

清潔なキッチン。

メニューは最小限、作り方を覚えれば誰でもできそうです。

スピード・サービス・システム、コスト削減・高品質

という革命的なコンセプトをマクドナルド兄弟はつくりだしていました。

②レイクロックのひらめきがマクドナルドを大きくした

クロックは、セールスマンでしたので、飲食の知識は持っていませんでした。

しかしながら、マクドナルド兄弟の革命的なハンバーガー店に勝機を見出します。

それはマクドナルドをフランチャイズ化することでした。

レイクロックは、マクドナルド兄弟から店の仕組みをすべて教えてもらいました。

そしてこのハンバーガー店を全国展開するべく、マクドナルド兄弟を説得し、契約に漕ぎつけました。

映画では、店舗設計のため、テニスコートに従業員を集め、チョークで書かれた図の中で従業員たちに、実際に料理をつくる動作をさせるシーンがあります。

彼は効率よく移動ができる同線をイメージしていたのです。

ついにフランチャイズ化です。

初めはひどい品質のハンバーガーをつくったり、

掃除が行き届かず、不衛生なイメージを持たれたりもします。

しかし、クロックは折れません。試行錯誤を繰り返し、店舗を拡大し、品質も維持できるように工夫していきました。

③手段を選ばない男

クロックの努力がみのり、どんどんとフランチャイズ化していきます。

ここで、クロックの狂人さも見えてきます。

当時、マクドナルド兄弟との契約では、店の経営方針やルール、メニューなど何か変えるために兄弟の許可が必要でした。

しかし、兄弟は保守的で、なかなかオッケーを出しません。

ついにクロックは契約破棄を求めて動き出します。

結局270万ドルを兄弟に支払い、契約破棄をさせます。

そしてマクドナルド兄弟の店の名前の変更を指示するのでした。

さらにクロックは手段を選びません。

マクドナルド兄弟の店の前に「マクドナルド」を出店させます。

結果的に、マクドナルド兄弟のお店を閉鎖へと追い込んでしまったのです。

彼は勝つためには手段を選びません。

彼は「競争相手にスパイを送りこんだらどうか」という意見に

「競争相手を知りたかったら、ゴミ箱を調べればいい。私も深夜二時にゴミ箱を漁り、ライバルの肉やパンの消費量を調べた」と怒ったというエピソードが自伝で語られています。

とても衝撃的な内容です。

④「顧客にとってのベスト」を考えていた

敵を徹底的に叩き潰すクロックでしたが、彼の根本の中にあったのは、「顧客にとって、何がベストなのか」ということでした。

そのパッションが彼を突き動かしていたといっても過言ではありません(マクドナルド兄弟のお店を潰すとかはかなり行き過ぎていたと私は感じましたが)。

クロックがフランチャイズ化したマクドナルドのオーナーは億万長者になるものが多かったと言われています。

しかし彼は「クロックは多くの億万長者を生み出した」と言われるとこう返しています。

「私はチャンスを与えただけだ。彼らは自分で達したのだ」と。

マクドナルドが成功した要因は低価格、高品質、スピード感があり効率的であったこと、清潔な空間をお客に提供したことにあります。

クロックの成功は情熱と執念の結晶であるといえます。

そして彼は自伝の中で有名な言葉を残しています。

「未熟でいるうちは成長できる。成熟した途端、腐敗が始まる」

52歳で創業、マクドナルドをここまで大きくさせたレイクロックの言葉は心にしみます。

いつまでも成熟することなく、上を目指し続ける姿勢が大切だということが分かります。

まとめ

私は彼のように、敵を叩き潰すというようなことはできないかもしれません。

しかし、彼のハンバーガーへの情熱、そして執念がここまで、マクドナルドを大きくしたのも事実です。

また50歳という年齢から、努力を積み重ねてきた彼から学ぶことは沢山あります。

看護師である私たちも彼から学ぶことは多くあると思いませんか?

私は准看護師から正看護師になりました。

准看護学校には50歳から看護師を目指している男性や、二児の子供の育児をしながら通うシングルマザーもいました。

今の病院には、50歳代で医者になった研修医もいます。

考えてみると、彼らの共通点は情熱、そして執念でした。

看護師のキャリアは多様です。何歳になっても情熱があれば、認定看護師、専門看護師を目指せます。

何歳でも勇気をもって行動すれば、自分の働く病棟のルール、空気さえも変えることが出来るかもしれません。

何歳になっても看護師以外の仕事に挑戦はできます。

看護師国家資格を持っている私たちは、情熱と執念があれば、何者にもなれるのです。

私は現在、新たな看護師の可能性を求めて、あえて看護師を辞めようと思っています。

そのためには、勇気も必要ですし、失うものもあるかもしれません。

それでも自分の可能性を信じで挑戦していきたいと思います。

それでも自分の可能性を信じで挑戦していきたいと思います。

皆さんも、心にしまっている夢はありませんか?

年齢や、環境を言い訳に諦めてはいませんか?

今こそ挑戦する時です。

挑戦に早いも遅いもありません。

情熱と執念で自分の道を切り拓きましょう。

転職オススメサイト一覧

マイナビ看護師



看護のお仕事

ナースではたらこ



MCナースネット



ジョブデポ看護師

ナースパワー人材センター



「転職の極意」

・自分はどんなキャリアを歩みたいか明確にする事

・自分に合った職場と働き方を見つける事

・転職サイトの登録で必要な情報収集する事

・必ずしも転職エージェントを利用する必要はない事、必要に応じて転職エージェントのサポートを受ける事

ABOUTこの記事をかいた人

「看護師としてのキャリアってなんだろう」 と日々考えているとある看護師 新人からHCU配属。HCU,ICU,ER経験。 新しいチャレンジをしてみたいと考え、思い切って企業に転職。外資系医療機器メーカーのクリニカルスペシャリストとして働きだす。 企業で働き始め、「やはり看護は面白かった」と再考。 再び看護師へUターン。 「どうせなら新しい看護にチャレンジしよう。」と精神看護の道へ。 現在精神看護師として救急病棟で勤務している。 学歴 専門学校卒→放送大学卒(教養学) 学位授与機構で看護学士取得済