新しい事に挑戦する心構え

何か新しいことを始める、または自分が決めたことを継続するようにすること。

これらの挑戦は、わくわくする気持ちが湧いてきます。

何か新しいことを始めたり、決めたことを継続して、

取り組むという挑戦によって得られるものは大きいと思います。

今回は私の体験談を交えながら、挑戦し続けることにあたり、大切な心構えについて記載していきます。

目次

自分がハッピーかどうか

大切な人がハッピーになれるか

今日より若い日はない

変化しないことを恐れろ

自分がハッピーかどうか

まず挑戦し続けることにあたって、自分自身がハッピーか、またはハッピーになれるかを想像します。

自分が幸せにならなければ人生は楽しくありません。

自分がなりたい姿を日々想像し、それがもし現実になったとしたら。

そう思うことでわくわくしてきませんか?

そんな気持ちが湧いてきたら、挑戦しなければなりません。

私は現在、通信制の大学に通いながら学位取得を目指しています。

また、理想の体に仕上げるために、週に三回~四回は筋トレを続けています。

さらにブログを開設し、日々の思考や、学びをアウトプットすることで、

自分自身の思考を高められるように行動しています。

妻が仕事中に、家事をガンガンこなして、妻に認めてもらう。

夫婦仲がいつまでも仲良くいられるように行動する、これも一つの私の挑戦です。

これらは全て、自分のなりたい姿を想像し、それに向かっていくための行動、つまり挑戦です。

もちろん、それらの挑戦にあたり、すぐに結果はみえてきません。

通信制の大学の場合は、最低でも二年間継続しなければ、卒業できませんし、筋トレもブログも継続しなければ結果は見えてきません。

しかし、自分を信じて行動することで、少しずつですが、成果が見えてきます。

それらの成果が見えれば、さらにモチベーションも上がります。

つまり、自分自身がハッピーになれるかを考えて行動することが、挑戦し続けることにつながるのです。

大切な人がハッピーになれるか

大切な人というのは、人それぞれです。

私の場合だと家族、特に一番近くにいてくれる妻です。

1、でお話しした自分がハッピーになれるかどうかに加えて、大切な人がハッピーになれるか、これはかなり大切な要素です。

人は一人で生きていくことはできません。必ず誰かの支えを必要とします。

独りよがりの挑戦では、続けることは限りなく困難です。

自分の挑戦が結果として、誰かの幸せにつながることになれば、さらにその挑戦は続けるべきものであると思います。

仮に、自分の挑戦で、大切な人が悲しむような結果になる可能性があれば、一度考えを見つめなおす必要があります。

大切な人が悲しむという事、それは自分も幸せになることができないからです。

仮に、大切な人に、その挑戦について理解が得られない場合は、大切な人に理解してもらえるまで説明するか、やめるかの二択だと考えます。

大切な人にさえ理解されることがなければ、周りの人も納得しませんし、挑戦しても成功しないのは目に見えています。

大切な人を幸せにしたい、ということは万国共通の思想であり、結果として自分の幸せにつながるものです。

自分の幸せと共に、大切な人の幸せについても考えることが重要です。

今日より若い日はない

今日より若い日はありません。

挑戦するのが遅かった、といって挑戦しなければ、その後も一生後悔したまま人生を過ごすことになるでしょう。

どんなに過去を想っても過去に戻れることはありません。

大切な事は今をしっかりと感じることです。

今日、この一瞬、自分が後悔のない一日を生きるためには、挑戦をやめないことです。

例えば勉強の場合

昨日は一日休みだったのになんでできなかったんだろう、と言った過去の後悔や

どうせ少しやっても変わらないし、疲れたから今日はやめておこう、といった諦めた結果

明日もやらなかった

こんなこと経験したことありませんか。

もう少し、今の忙しい時期を終えて、落ち着いたタイミングで本腰を入れよう

明日早起きできたらやってみよう

キリの良いタイミングで始めてみよう

そういった完璧主義な思考でいてはいつまでも挑戦はできません。

今日という一番自分が若く、

挑戦すべきタイミングで挑戦しなければ、

この先も挑戦できません。

今、この一瞬を大切にして挑戦をしていきましょう。

変化しないことを恐れろ

病棟での新しい決め事、ルールに対して

「どうせやっても意味がない」

「今までのやり方が一番だった」

など言ってやる前から文句を言ったり、批判するだけの看護師。

看護師として勤務している皆さん、そんな経験ありませんか?笑

先日、私も臨床を離れて新しく挑戦したい仕事があることを、ある先輩看護師に言ったところ

「どうせ上手くいくわけない」

「夢見すぎでしょ」

と痛烈に批判されました。

私は1~3でお話ししたように、自分と大切な人の幸せや、若い今、この一瞬を大切にして日々挑戦しています。

そしてもう一つ大切にしていることは「変化しないことを恐れること」です。

人は変化するのを恐れる生き物です。

私自身、このまま変わらないほうが楽かもしれないと感じたりすることもあります。

しかし、その楽をしたいという思い、変化したくないという自分の思いは結果として、本当に自分が変わるチャンスを逃しています。

そして他人にどんな批判をされても、反対されても、自分の信念は曲げてはいけません。

変化しないことを恐れ、日々挑戦し続けることで自分が納得する人生をつかまなければなりません。

まとめ

人は弱い生き物ですので、どうしても完璧に生きることができません。

挑戦し、失敗することもあります。

それでも自分を奮い立たせ、挑戦し続けるし続けることで、必ず人生が豊かになると思いますし、後悔のない人生を歩むことができると信じています。

決して大きな挑戦をしなければならないということではありません。

小さな挑戦と小さな成功が、大きな結果をもたらすこともあります。

日々、小さな挑戦でも、自分の決めたことが続けられるようにしていきましょう。

転職オススメサイト一覧

マイナビ看護師



看護のお仕事

ナースではたらこ



MCナースネット



ジョブデポ看護師

ナースパワー人材センター



「転職の極意」

・自分はどんなキャリアを歩みたいか明確にする事

・自分に合った職場と働き方を見つける事

・転職サイトの登録で必要な情報収集する事

・必ずしも転職エージェントを利用する必要はない事、必要に応じて転職エージェントのサポートを受ける事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「看護師としてのキャリアってなんだろう」 と日々考えているとある看護師 新人からHCU配属。HCU,ICU,ER経験。 新しいチャレンジをしてみたいと考え、思い切って企業に転職。外資系医療機器メーカーのクリニカルスペシャリストとして働きだす。 企業で働き始め、「やはり看護は面白かった」と再考。 再び看護師へUターン。 「どうせなら新しい看護にチャレンジしよう。」と精神看護の道へ。 現在精神看護師として救急病棟で勤務している。 学歴 専門学校卒→放送大学卒(教養学) 学位授与機構で看護学士取得済